【ゲーム周辺機器】PSVitaのケース

ゲーム機・周辺機器

サガSG買いに行ったときに、一緒にVitaのケースも買いました。

 

買わなくていいかなーと思いつつ(急にゲーム何本も買っちゃって金がないw)、

やっぱり携帯機だとあった方が何かと便利かなと。旅に持ってくかもしれないし。

 

昔、飛行機でメタキン狩ってたwひと狩り行きたかったけど…

MH持てったときは寝てしまったやw

 

あ、機内モードなら携帯ゲーム機やっても問題ないっすよ!

今は機内Wi-Fiもやってるとこ増えましたねー。

 

スポンサーリンク

PSVitaのケース

やっぱり迷う!w

迷った……。見た目と性能のバランスでwライセンス品にするかでもw

 

まず色は外せないんですよね!今回は本体が赤なので赤系にしたいなぁと。

私自身が赤好きなのもあるwww

 

デザインもゲーム機のケースっぽい、いかにもマシンのケースです!ってデザインすぎるとちょっと嫌で(´Д`;)

え?それゲーム機のケースなの?って言うデザインが好きです。

 

DSLiteの頃とか皮の手帳っぽいデザインのがかっこよく見えて、ちょっと奮発しちゃったw

今より凝ったデザインのは高かったなぁ……。あれから10年くらいとか時の流れも速い。

今は売り場見ても、1000円くらいで高性能なのが増えてますね。

 

結局これになりましたとさ!

結局写真のこれ(↑)にしました(*´ω`*)

エナメルのテカテカ感が好きでw何気にソニーのライセンス品だったりする。

機能性はあるけど、ガチガチの固い素材でってやつではないです。ポーチっぽい。

 

今思うに、昔買った携帯ゲーム機のケースとか頑丈なのが必要だったのか考えると……大人は雑に扱わなければいらないような気も(-ω-`*)

小さい子供であれば、一応あった方がいいとは思うけど。

 

見た目も好きで頑丈さのあるのも買ったことあるのですが、

ガッチリしてる分幅取ってちょっと困ったw

 

よくバックに入らなくて苦労した(-ω-;)変形するーwww

ノートや書類入るような、デカいバック持ってる人じゃないと入らない。

すれ違い通信やったときは根性で持ってってたけど、今は持ち歩かなくなった。重いし。

それもあり、幅取らなくて軽めのスマートなのが好きかなー。

 

中身開けてビックリ

中身にマチあるの分かりますか???扇状にきれいに開けてますよね。

マチがあるのは使いやすいです!!

 

マチがあるか無いかで使い勝手がかなり違います。

ポーチやペンケースとか、開きやすさが違うんですね!!

 

パッケージのどこにもマチがあって便利とか書いてなかったのに、マチがあってビックリ!

そこをセールスポイントにしてもいい位なのに。

 

このVitaのケースも、もしかしたら使い勝手いい可能性高いですね(〃ゝω’)b

ライセンス品ですし。その分ちょっとお値段上がりますが、その辺がライセンス品なのかも。

日にち経ってみないと分からないので、様子見てみます。

 

 

ちなみにファスナーのタイプのものは、ファスナーがうまく動かないのもあったりしましたw

縫い方がミスったのかな??w多分ライセンス品のはその辺しっかり作ってるとは思いますが、それ以外のはそういう時もあるかも。変えてもらった。

 

こういうのがメーカーに認められてるかの差なのかなと感じた(-ω-;)

なるべくライセンス品買ってます。

…が、デザイン好きで別の欲しい時もあるから完全にそうとは言えないwww

 

古すぎて見つからず(笑)!

Amazonで見つけようと探したのですが、見つからなかった……。

良さそうな品だから広めたかったのになぁ…。

発売から年数経ってるから、店頭限りとかなのかな?

 

↓これです。ソニーのサイトからなら何とか見れたw

PlayStation®Vita/PSP® (PlayStation®Portable)共用収納ケース | プレイステーション® オフィシャルサイト
PS Vita周辺機器・アクセサリは、PS Vita専用メモリー&#...

 

スポンサーリンク

終わりに

…ってか写真撮るのの支えに、買ったばかりのサガ使うなーwww

あ、サガSG始めましたよー!楽しいヽ(*^∇^*)ノ

中々やる時間なくて。早く家の片づけやって沢山やろwww

 

ではまたー。

ゲーム機・周辺機器サガ スカーレットグレイス
スポンサーリンク

最後まで読んで下さり、ありがとう(*ゝω・*)

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
↑ブログランキングです。ツボに来た記事がありましたら、よろしければ応援お願いします!

シャルロットをフォローする

こんな記事もあります

シャルロットの伝説
トップへ戻る