【オクトパストラベラー】ルーンマスターで1ターンキル!終盤の瞬殺方法!

オクトラ:1ターンキル

オクトパストラベラー(オクトラ)の通常戦闘を快適に!1ターンキル(瞬殺)のやり方7!

どのゲームでも瞬殺大好き!速度攻撃型のキャラ最高!シャルロットです(`・ω´・+)v

 

今回は終盤想定、残されたバトルジョブであるルーンマスターでのやり方です。

ルーンマスターは戦法的に2ターンキルになりますが、ラストアクト発動で1ターンも可能。

 

私が実際にやってたやり方です。それでは行ってみよう(((((((((((っ・ω・)っ

※ネタバレ注意!

 

 

スポンサーリンク

終盤:ルーンマスターのルーン追撃で瞬殺!

※自力攻略・ネタバレ厳禁で遊んでます。オイシイ部分を忘れないようにメモ…_〆(゚▽゚*)

使用可能時期

終盤。第3の町に行ける強さでルーンマスターを入手していること。

バトルジョブも基本職はある程度揃っていることを想定。

 

 

必要キャラ、ジョブ、特技

  • ルーンマスター:各種ルーン+該当の技※
  • 商人:BPパサー
  • 踊子:獅子の舞、孔雀の舞

 

ルーンマスターはテリオン、アーフェン、ハンイットのいずれか一人。オルベリクもやろうと思えば可能ですが、全体技が横一文字斬り(剣)で剣は属性攻撃力が上げにくいです…。

ルーンマスター+商人が基本。商人はアーフェンの調合でも可。調合は薬の素材×ザクロの樹液。踊子は永続エレメントアップを覚えてれば不要。

 

特技

※テリオン:盗公子エベルの鉤爪(盗賊の奥義)、アーフェン:死中活撃断(薬師の技)、ハンイット:どしゃぶり矢or狩王女ドレファンドの猛追(狩人の奥義)。

ルーンは火のルーン、氷のルーン、雷のルーン、風のルーン、光のルーン、闇のルーン。敵の弱点を使用。各種ルーン+全体攻撃技と習得にJPが結構かかります。

 

 

装備の準備

ルーンマスター

  • 属攻の上がる武器+アダマン帽+魔術師のローブ+エレメントブースター

 

ルーン追撃は属性攻撃なので属性攻撃力を優先で!装備は終盤の一例です。

テリオンのみエベルの鉤爪の威力も同時に上げたい場合、攻撃力の高い武器でもOK。

全て第3エリアまでに入手可能。入手方法はこちらを参照。

≫【オクトパストラベラー】おすすめ武器!中盤~終盤・入手方法あり!

≫【オクトパストラベラー】属性攻撃力の上がる装備を調査してみた!

 

商人

  • セラフィムスピア+ヴィクタースピア+スピードヘルム+俊敏のネックレス

 

商人は速度装備がおすすめ!装備は終盤の一例です。

エレメントライトアーマーは守備面で外しましたが、さらに盛りたい場合はありです。全て第3エリアまでに入手可能です。入手方法はこちらを参照。

≫【オクトパストラベラー】行動速度の上がる装備を調査してみた!

 

踊子や狩人もなるべく速度があった方がいいですが、商人ほどこだわる必要はなし。

 

 

欲しいサポートアビリティ

ルーンマスター

  • ダメージ限界突破(剣士)
  • 永続エレメントアップ(ルーンマスター)
  • ラストアクト(狩人)
  • 属性熟練化(魔術師)
  • 属性強化(魔術師)
  • 特攻強化(魔術師)

 

ルーンマスターは上記候補アビリティからから好みで選択して下さい。

ルーン追撃は属性攻撃を盛れば1万超すので、ダメージ限界突破は欲しい。永続エレメントアップも習得に時間がかかりますが、1ターンキル前提だとぜひ欲しい。

魔術師未入手の場合は属性熟練化などがつけれませんので、他のサポートアビリティでOK。

ラストアクトがあると運次第で1ターンキルも可能。2ターンキルと割り切りラストアクトを外し、属性強化や特攻強化でさらに火力を盛ることも。ここまでするとボス瞬殺向けに(笑)。

 

商人

  • 行動速度+50(盗賊)
  • 先制攻撃確率アップ(狩人)
  • ラストアクト(狩人)

 

商人は2ターンキル想定だと先手が取れると1ターンキルになるので、先制攻撃確率アップは必須。ルーン使用の関係上、ほぼ2ターンキルなので速度+50は必須ではないです。

 

 

やり方・行動順

※ルーンマスターはテリオン、アーフェン、ハンイットのいずれか1人。例はテリオン版。

1ターン目

  • ルーンマスター:弱点属性のルーン(BP0) →自分に
  • 商人:BPパサー(BP1) →ルーンマスターに
  • 踊子:孔雀の舞(BP0) →ルーンマスターに

 

ルーンマスターは自分に敵の弱点属性のルーンをかけます。商人はBPパサーをルーンマスターにし、ルーンマスターのBPを3にします。

踊子は孔雀の舞。火力役に永続エレメントアップがある時は居なくてもOK。獅子の舞でもいい。

ルーンマスターにラストアクトをセットしておいた場合、ここで発動すれば1ターンキルです。

 

2ターン目

  • ルーンマスター:エベルの鉤爪(BP3)※ →敵全体に
  • 商人:自由
  • 踊子:獅子の舞(BP0) →ルーンマスターに

※アーフェン:死中活撃断(BP3)、ハンイット:ドレファンドの猛追(BP3)で。

 

ルーンマスターは奥義や範囲技(BP3使用)で敵を瞬殺します。奥義の威力に加え、ルーンの追撃が入るので全体に1万は超すと思います。踊子の獅子の舞は間に合えばでいいです。

 

 

ポイント解説

やり方の基本は≫序盤~中盤編のテリオンのエベル瞬殺などと同じです。

敵全体の技や奥義+ルーン追撃なので、2重になりダメージは高いです!ルーンの追撃によるダメージは大きいです。属性攻撃力を盛った状態だとすごい。

 

またルーン追撃は魔法扱いのようで必中だと思われます。追撃外したことないです(笑)。

狩人のターゲット未使用で奥義外した!…とかでも、追撃で倒せることが多いので大丈夫。

 

ルーン使用の関係上、倒すのがほぼ2ターン目になります。しかし1ターン丸々使えるのでバフが完全に行き届くなどの利点もあります。

ラストアクト発動で1ターンも可能。しかしアビリティ枠の関係で火力は下がるのでお好みで。

 

さらに強化できる方法

またアーフェンは奥義ではないので、エルフリックの導きを使って強化することも可能。ハンイットもどしゃぶり矢でやる場合は同様です。

その際は神官を入れて、神官にBPパサーしてエルフリックの導きの方が効率はいいかも。もちろんそこまでしなくても通常戦は余裕です(笑)。

 

 

ルーン追撃瞬殺用の武器について

テリオン

エベルの鉤爪は短剣固定ですので、短剣で属性攻撃を盛ることになります。

しかしエベルの鉤爪自体が強いので、属性攻撃の高い短剣を無理に装備する必要はないかも。

マジックスティールダガーのことも考えると、物理攻撃力の高い短剣でもいい。どこに比重を置くかで属性攻撃、物理攻撃どちらでも。防具やその他だけは属性攻撃盛りで!

 

禁断の短剣はやめた方がいいです。火属性、闇属性の威力が半減するので相性悪い。

奥義用に属性攻撃斧も一緒に。バロガーの覇気は属性攻撃の高い武器の判定になります。

 

アーフェン

死中活撃断は斧固定ですので、斧で属性攻撃を盛ることになります。

斧は属性攻撃の上がるものが結構あるので、攻撃力を犠牲にしてでも属性攻撃の上がるものを装備しましょう。死中活撃断の威力は下がりますが、ルーン追撃の威力は抜群です!

 

ハンイット

ドレファンドの猛追は弓固定ですので、弓で属性攻撃を盛ります。

弓は攻撃力と属性攻撃力の両方を上げるものが結構あるので、特に気にしなくても良さそう。

奥義用に斧も属性攻撃力の上がるものに。弓で属攻上げてる場合は斧は物理高いのも大丈夫。

 

 

使用例紹介

≫【オクトパストラベラー】ルーンマスターで1ターンキル!使用例紹介

 

 

スポンサーリンク

終わりに・関連記事の紹介

それではこの辺で。同時期の1ターンキルは他にもあるので、よろしければどうぞ↓。

≫【オクトパストラベラー】魔術師+商人で1ターンキル!終盤の瞬殺方法!

記事一覧【オクトパストラベラー】オクトパストラベラーの記事一覧