【SEKIRO】スキルポイント、お金稼ぎ!終盤・城下外郭虎口階段編

SEKIRO:スキル/お金稼ぎ周回

SEKIRO(せきろう/隻狼)のスキルポイント・お金稼ぎネタ!その19!

城下外郭虎口階段のスキル稼ぎがうますぎて、ついに秘伝も習得!シャルロットです(≧∀≦)

 

今回は「葦名城城下/城下外郭虎口階段」のやり方!

終盤にしか来れない場所だけあって、スキルポイントの高さが桁違いです!雷汞マラソンも。

 

誰でも手軽に利用できそうな場所を想定してます。それでは行ってみよう(((((((((((っ・ω・)っ

※ネタバレ注意!

 

 

スポンサーリンク

スキルポイント、お金稼ぎ!終盤・城下外郭虎口階段編

※自力攻略・ネタバレ厳禁でやってます。攻略情報未解禁なので名称不明のものは仮名です。

≫【SEKIRO】スキルポイント、お金稼ぎ!記事一覧/周回効率あり

利用可能時期

  • 終盤。「葦名城城下/城下外郭虎口階段」にたどり着く。

 

「葦名城城下(終盤)」に行くにはストーリーを進めている必要があります!

源の宮のイベントまでをこなしている必要があります。

 

 

倒す必要のあるボス

  • 鬼形部(葦名城城下/大手門)
  • 葦名弦一郎(葦名城本城/天守望楼)
  • 獅子猿(落ち谷/獅子猿の水場)
  • 破戒僧(葦名の底/輿入れの岩戸)
  • 大忍び 梟(葦名城本城/天守望楼2回目)
  • 桜竜(源の宮/神域)

やはり終盤なので多いです。

 

 

準備

特になし。

 

 

スタート地点とゴール地点

スタートもゴールも鬼仏:葦名城城下/城下外郭虎口階段です。鬼仏1周マラソン。

 

 

葦名城城下/城下外郭虎口階段周回の手順

※赤:忍殺する敵、橙:忍殺はしないが倒す敵、黄:移動ルート、水:鉤縄ポイント。

 

鬼仏:葦名城城下/城下外郭虎口階段からスタート。

1:鬼仏から左側を向くと鉤縄ポイントがあると思います。早速移動しましょう。

2:櫓の屋根に登ると下に内府:銃使いがいます。一見上から忍殺出来そうですが、高所なのと屋根の位置が絶妙でやりにくいです。左斜め前からゆっくり下りた方が無難。

3:櫓内に降りた所。普通に下りても写真のように背後から忍殺可能です!

4:内府軍:銃使いを忍殺後下に降ります。櫓の下にいる内府:銃使い2人目を背後から忍殺。

 

 

1:燃える門を超え、門手前にいる内府:銃使い3人目を背後から忍殺します。

2:そのまま前に進むと内府軍の敵(大砲、刀)が二人歩いていると思います。内府軍:大砲使いはいったん無視し、内府軍:刀使いにターゲットを絞り近づきます。

3:内府軍:刀使いを背後から忍殺します。

4:倒し終わったら戻って内府軍:大砲使いを普通に倒します。大砲の威力が高いので注意!

 

 

1:敵を倒し終えたら鬼仏に戻ります。門の左上に鉤縄ポイントが見えるので引っかけます。

2:屋根から鬼仏の場所に向かいジャンプで移動。

3:この時ダッシュしながらジャンプしつつ□ボタンを押すと、1度の行動で鬼仏側につかまることができ動きに無駄がないです。やりにくければジャンプして一度下に着地し、再度ジャンプ+□で普通に崖つかまりすれば問題ないです。

4:鬼仏に向かい休息して一周完了。

 

 

1周辺りのスキルポイントとお金

  • スキルポイント:3972
  • お金:554(692)
  • 時間:約50秒
  • ドロップアイテム:油、赤備えの火消し粉、黄色煙硝、雷汞、丸薬、鉄屑、磁鉄屑、金剛屑 など
  • 倒す敵の数:5

1周辺りの稼ぎはこんな感じです。()は功徳+さらなる功徳がある場合。

葦名城城下/城下外郭虎口階段周回はスキルポイント稼ぎが桁違い!素材集めにも使えます。

 

ドロップアイテムは通常だと、油、赤備えの火消し粉、丸薬、鉄屑辺りが多いです。

鐘鬼ありだと、雷汞、金剛屑も落ちます!銃と大砲が多いので、雷汞マラソンにも向いてます。油も落ちるので纏い斬りや炎上を多用する方にもおすすめ。

≫【SEKIRO】アイテム入手確率がアップ!鐘鬼の効果はどんな感じ?

 

 

スポンサーリンク

終わりに・関連記事の紹介

葦名城城下/城下外郭虎口階段はストーリーを進めないとダメですが、その分稼ぎが凄いです!

スキルポイントやお金を稼ぎたい方、アイテムが欲しい方!よければ周回試してみて下さい。

ではでは。関連記事もあわせてどうぞ。

記事一覧【SEKIRO】SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEの記事一覧

最後まで読んで下さり感謝

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
↑よろしければ応援お願いします!

SEKIRO:スキル/お金稼ぎ周回
スポンサーリンク

こんな記事もあります

シャルロットの伝説